お便り
  1. ホーム
  2. お便り

お便り -栄光-

今年度の幼稚園生活も早や1ヶ月が過ぎました。4月、多少不安気味に登園してきた新入園児のお友だちも、今では幼稚園にすっかり慣れ、自由遊びの時間には園庭を元気に飛び回っています。そして、その園庭の空を、今年も子どもたち手づくりの鯉のぼりが元気に泳いでいます。  鯉のぼりといえば、相模川高田橋上流の鯉のぼり群遊が有名です。4月29日から5月5日の間、1200匹以上の鯉のぼりが相模川の空を泳ぎ、市内外から毎年50万人以上の人たちが見物に訪れるなどとてもにぎやかです。主催者は「泳げ鯉のぼり相模川実行委員会」で、それを相模原市や神奈川県、観光協会などが後援していますが、実際の作業は地元の人たちのボランティア活動で進められています。私も地元自治会役員OBの一人として作業に参加していますが、鯉のぼりの上げ作業や下げ作業は、河原での作業であり、作業手順も複雑でとても大変です。しかし、成長祈願の大きく名前が書かれた初節句の鯉のぼりをはじめ、たくさんの鯉のぼりが元気に泳ぐ光景を見ていると非常にすがすがしい気持ちになります。  さて、鯉は、急な滝も上るくらい力強く元気な魚です。幼稚園の鯉のぼりを上げた朝の集まりでは、園庭を泳ぐ鯉のぼりに負けないように、力強く元気な子どもになりましょうと話をしました。

 

       園 長   木 下 國 博

 

気候もよく、進級児も新入園児も、元気に戸外あそびを楽しむ姿が見られます。

4月は元気に登園してきた子どもが連休明けから不安な様子を見せ始めることがあります。成長過程には、よく見られる姿ですので、様子を見守り、明るく送り出してあげて下さい。職員も一人ひとりの子どもたちを全力で受け止めていきます。

 

 

 

 

学年便り

年長だより

  ばら  

新しいクラスに緊張もありながら、期待を持ち張り切っている様子も感じられました。他学年の友だちにとても優しく接してくれていますが、泣いていたり、お片付け後になかなか保育室に戻ろうとしない友だちに対して困り顔を見せることもあります。(笑)寒暖差の激しい1ヶ月ではありましたが、戸外に出るとなわとび練習をしたり、しっぽ取りをしたりと伸びのびと遊んでいます。今から林間学校に向けて、お昼ごはんはお箸で食べようとみんなで心掛けています!

 

  きく  

年長組になり、新しいクラスに緊張している様子の子どもたちでしたが、徐々に表情がやわらかくなってきました。近くの席の友だちと話をしたり、きく組で流行っているじゃんけん列車や、なぞなぞを全員で行ったり、体育指導や制作活動を通して少しずつ新しい友だちとの関わりも増え、沢山の笑い声が聞こえます。自由あそびでは、しっぽ取りや虫探しなどを楽しみ、なわとび練習にも励む姿が見られます。そして進んで年少組の友だちと関わる様子も見られ、年長としての自覚が芽ばえていることを感じました。

  ふじ  

新しいクラスに初めは緊張していた子どもたちでしたが、少しずつ気の合う友だちをみつけ、クラスの友だちと一緒に遊ぶ姿が見られるようになりました。自由遊びでは早速なわとび練習に励む子どもたち!年長組になり、跳ぶ回数が増え、跳び方も難しくなりましたが、諦めずに頑張っています。また園庭で泣いている年少組の友だちを見つけると「どうしたの?」と声を掛ける心優しい姿も見られました。最近は友だちと二人組になって組体操の練習をする程、運動会を心待ちにしている子どもたちです。(笑)

 

年中だより

  さくら  

入園式からあっという間に1ヶ月が経ちました。新しいクラスにもすぐに慣れ、友だちを誘い合って一緒に遊んだり、仲良くお喋りをする姿が見られます。身支度を終えると、それぞれに好きな遊びを見つけて思い切り身体を動かしています。進級児は年少組の保育室にはなかった玩具に夢中で、戦いごっこやおままごとを楽しんでいます。又、戸外遊びでは凍り鬼が人気で、新入園児も仲間に加わって、園庭を走り回り、皆汗びっしょりになっていました。まだ前のクラスの友だちと遊んでいる子どももいますが、これから少しずつ変わっていく友だち関係も楽しみにしています。

 

  もも  

もも組がスタートし、1ヶ月が経ちました。だんだんと新しい生活に慣れ、初めは不安や緊張で硬かった表情も、笑顔が多く見られるようになりました。戸外遊びが好きな子どもたちは、担任が怪獣になり戦いごっこをしたり、ビニール袋を持って葉っぱや花を集めたりと、自分の好きな遊びをみつけ、伸びのびと遊んでいます。中には進んで新しい友だちに声を掛け、お互いの名前を呼び合う姿も。新しい友だちができ、嬉しそうな表情を浮かべ、思わずこちらまで嬉しくなりました。個性豊かな子どもが多く、とても賑やかなもも組。これからどんな成長が見られるのか、楽しむです。

  たんぽぽ  

たんぽぽ組での生活がスタートして、あっという間に1ヶ月が経ちました。少しずつ新しい環境にも慣れ、不安そうな表情だった子どもたちからも、明るい笑顔が見られるようになりました。新入園児は少しずつできる事が増え、自信をつけ進級児は困っている友だちに声を掛ける等、心優しい姿があります。自由遊びの時間は、好きな遊びををみつけ、元気いっぱい遊んでいます。まだ、前のクラスが恋しくなってしまう子どももいますが、これから少しずつたんぽぽ組での絆を深めていきたいと思います。そして、遊ぶ時間と同じくらい大好きなお弁当!お家の人が作ってくれた美味しいお弁当を食べることが待ちきれない子どもたち。朝から「今日は唐揚げが入っているんだ!」「デザートは何だろうな~」と皆で盛り上がっています。

 

 

年少だより

  ちゅうりっぷ あか  

ドキドキの入園式からもうすぐ1ヶ月が経ちます。初めは緊張や不安から表情が硬かった子どもたちも、少しずつ慣れ園生活の流れを分かり始めると、笑顔が増え、楽しく過ごす様子が見られるようになりました。また、歌うことが大好きなあか組の子どもたち。「アイアイ」では、さるのまねっこをしながら歌う姿がとてもかわいいです。戸外では、なかよしタワーや砂場で夢中になって遊び、中には友だちの名前を覚え、声を掛けて遊んでいる子どももいました。これからの成長が楽しみです。

  ちゅうりっぷ しろ  

幼稚園生活がスタートしてからもうすぐ1ヶ月。初めは不安な様子だった子どもたちですが、最近では仲良しの友だちと手をつないだり、なかよしタワーに繰り返し登って遊ぶなど思いおもいに楽しむ姿が見られます。初めてのお弁当の日には、ほぼ全員が「おはよう!」の次に「お弁当もってきたの!」と嬉しそうに教えてくれました。おうちの人に作ってもらったお弁当を美味しそうに頬張っていました。これからも身体をいっぱい動かし、いろいろな遊びを楽しみながら過ごしていきたいと思います。

  ちゅうりっぷ きいろ  

入園式からあっという間に1ヶ月が経とうとしています。おうちの人と離れて過ごす初めての園生活に不安を感じ、泣いている子どももいましたが、少しずつ慣れ始め、楽しく遊ぶ様子も見られるようになってきました。始めは室内遊びが続き、戸外遊びをずっと心待ちにしていた子どもたち。園庭めぐりをし、戸外遊びが解禁になると、大好きなすべり台を何度もすべって満喫したり、園庭をかけ回る可愛い姿が沢山見られました。又、歌を歌うことが大好きなきいろ組。中でも1番のお気に入りは「園歌」で、身体をゆらして元気に歌っています。

 

 

 

ことりだより(5月号)

 

二転三転する天候や気温に関係なく、子どもたちは元気いっぱい!男の子たちは園長室の前にいるだんご虫を数え切れない程捕まえること、女の子たちは砂場で貝殻や桜の木の実を集めることに夢中になっています。どの遊びの中でも、年長中児が年少児を気に掛け、一緒に遊ぶ姿があります♪又、ことり組の中でひょっこりはんが大流行!ひょっこりできそうな場所をみつけては、ひょっこりしています(笑)毎日沢山の笑いが起こる楽しいことり組です。

5月の日程(保育日数18日)

14:00~17:30

 1日(火)・ 2日(水)・ 7日(月)・ 8日(火)・ 9日(水)・11日(金)

14日(月)・15日(火)・17日(木)・22日(火)・23日(水)・24日(木)

25日(金)・28日(月)・29日(火)・30日(水)・31日(木)

11:30~17:30

16日(水)

 

※年長ピクニックが延期の場合

 18日(金)→通常保育    ことり組 あり

 25日(金)→ピクニック実施 ことり組 なし

※22日(火)は年中少お疲れ休みのため、年長児のみの保育となります。

 

 

 

未就園児保護者の方へ  お知らせ   お便り  保護者専用ページ
 
  さがみえいこうようちえん

相模栄光幼稚園

〒252-0232
神奈川県相模原市
中央区矢部3-11-13

アクセスマップ tel:0427528040 お問い合わせ  
ピンクの鳥
PAGE TOP