お便り

お便り -栄光-

さんま(三つの間=時間・空間・仲間)を大切に

立春間近。この先、三寒四温を経て少しずつ本格的な春に近づいていくことと思います。感染症の収束とともに待ち遠しいです。朝夕の寒さが厳しくなってきている中、園では日頃の寒さはなんのその、園庭で元気に遊ぶ子どもたちの疲れ知らずのパワーには驚かされるばかりです。しっぽ取り、かけっこ、フラフープ、縄跳び、竹馬、サッカーなどのボール遊び、ブランコ、滑り台などの遊具遊び、砂場遊びといった遊びに加え、「おたのしみかい」で披露する曲がかかると該当のクラスの子どもたちは、場所を問わず、先生とともに条件反射のように、楽しそうに踊り出すといった光景が日々見られています。どの学年の子どもたちも、多くの友達と関わりながら、たくましく成長しています。子どもたちは、それぞれ自分の思いを実現するために、時には少人数で、時には「群れて」、園庭で元気に遊んでいます。
さて、「群れて」という表現をしましたが、何年も前より、子どもから「さんま(三つの間)=「時間」(遊ぶ時間がない)「空間」(遊ぶ場所がない)「仲間」(遊ぶ仲間がいない)」がなくなったと言われています。確かに、習い事をする子が増え、自由に遊ぶ時間が少なくなったり、安心して遊べる場所が少なくなったり、大勢で遊ぶ友達がいなかったりの状況は改善されないばかりか、緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出を控えるようにといった状況も重なって、家に帰ってからは、さらに外遊び(上達することを目的にするのではなく、自由に子どもたちが楽しみ、考えながら体を動かす遊び)がしにくくなっているのではないでしょうか。そういったことを考えると、幼稚園での外遊びを中心とした遊びの重要性は、ますます高まっていると思います。同年齢の子どもだけでなく、異年齢の子どもとも関わりながら遊んだり、活動したりすることで、成長の上で最も大切な「目標を達成するために、最後までやり抜く」「友達と協力して目標の実現に向けてやっていこうとする」「感情をコントロールする=失敗してもめげずに自分を励ましてなんとかやれる」といった能力が身に付くと言われています。残り少ない日々ですが、幼児期にこそ育てなければならない能力を育んでいければと思っています。

園長 小林 稔

学年便り

年長だより

ばら

おたのしみかい当日は、練習の成果を発揮し、どのグループも息ぴったりに踊ることができていたと思います。手を振る振り付けでは、舞台の袖から見守る担任に手を振り、かわいい笑顔を見せてくれました!楽しんで踊る姿に安心とうれしい気持ちでいっぱいでした。踊り好きな子どもたちはばら組の踊りだけでなく、きく組、ふじ組の踊りも覚えています!自由遊びで曲が流れると、ノリノリで踊り、おたのしみかいが終わってもみんなで盛り上がって楽しんでいました。又、ばら組ではあやとりがブームになっています!待っている時間や戸外で日向ぼっこをしながらなど夢中になっていたり、ダジャレ対決やものまね大会をしたりと笑いの絶えない毎日です!残り少ない園生活をたくさん楽しみたいと思います。

きく

日中は戸外で体を動かすと暑く感じる日もありました。薄着を好む子どもたちに風邪をひかせたくないという思いから、普段から「スモックを着てね」と声を掛けていました。そんなことがあってか、必ずと言っていいほど暑くなると「スモック脱いでいい?」とみんなが担任に聞きに来ます。生真面目な子どもが多く、息を切らして走ってきてまで脱いでいいかを確認する姿にかわいいなという気持ちから自然と笑顔になってしまいます。カルタ遊びやゆうびんやさんごっこで文字に触れる機会が多くありました。得意な子どもは、カルタの読み札をスラスラと読み、苦手な子どももひらがな表を見ながら一生懸命ハガキを書いていました。もうすぐ1年生だからとなにかと張り切るようにもなり、卒園まであと1か月を切った時の流れの早さを日々実感しています。

ふじ

本番に向け頑張ってきたおたのしみかいの練習。当日は緊張よりも楽しみな気持ちが大きく、衣装に着替えると「早くふじ組の番来ないかな?」と出番が待ちきれない様子でした。そして堂々と発表をし終え、舞台から降りてくる子どもたちは、やり遂げた達成感や楽しかったという気持ちが伝わってくるほどのとてもいい笑顔をしていました!自由遊びではサッカーに夢中になり、ゲーム形式だけでなく、ひたすらゴールに向かってシュートしたり、キャッチボールのように蹴ってパスをし合ったりといろいろな遊び方で楽しんでいました。また最近は就学を意識した会話が増え、小学校の授業や給食の話で盛り上がっていました!卒園が近づき寂しがる担任に「大丈夫、会いに来るよ!」と言い慰めてくれる優しい子どもたちです。

年中だより

さくら

子どもたちが待ちに待ったおたのしみかい。登園してきたときはちょっぴり緊張した表情で「なんかドキドキしてきた」と落ち着かない様子もありましたが、衣装を着て舞台に立つと、堂々と楽しそうに踊る姿を見せてくれました。ホールから満足気に戻る顔を見てまたひとつ成長したなあと感じた1日でした。三学期になってから、どんな遊びでも友達同士で誘い合い、工夫し合って楽しめるようになりました。さくら組で過ごすのもあと少し。日々の生活の中で、楽しい思い出をたくさん作っていきたいと思います。

もも

待ちに待ったおたのしみかい。本番の日は衣装に着替えると「楽しみー!!」と笑顔の子どももいましたが、準備を終えてホールへ向かう途中「緊張するな~…」とやはりドキドキした様子。ですが舞台では練習の成果を発揮し、楽しみながら堂々と踊る姿を見せてくれました。無事に発表を終え、満面の笑みで保育室に戻ってきた子どもたちを見て、とてもうれしく思いました。最近はしっぽとりや凍り鬼などをするときに子どもたち同士で話し合い、遊びを進める姿に成長を感じています。

たんぽぽ

おたのしみかい本番の日。どのグループも「緊張しないよ!だっていっぱい練習したもん」と自信を持ち、凛々しい姿を見せてくれた子どもたち。発表直前になると少し緊張した様子もありましたが、踊り終わったあとは「楽しかった~!」と満面の笑みと達成感に満ちた表情が見られ、成長を感じました。自由遊びでは泥団子作りに熱中。お部屋にある泥団子の絵本を熟読したり、場所によって違う(らしい)砂を研究したりする子どももいて、みんなで園庭の1か所に集まり、黙々とお団子を作る姿がおもしろかったです(笑)

年少だより

ちゅうりっぷあか

おたのしみかいがあった2月。「あと何回寝たらおたのしみかい?」と聞きに来る子どもが多く、おうちの人に見せることをとても楽しみにしていたあか組の子どもたち。当日の控室ではいつもおしゃべりで賑やかな子どもたちの口数が少なく、少し緊張している様子でしたが、舞台の上では練習の成果を十分に発揮し、楽しんで発表することができました。衣装を着た子どもたちの可愛さにニヤけが止まらなかった担任です(笑)また、ゆうびんやさんごっこが始まり、はがきのやりとりをとても楽しんでいます。何枚も書いているうちに自分の名前が書けるようになった子どももいて、上達の速さに驚かされました。待ちに待ったゆうびんやさん担当の日、ゆうびんやさんのバッチを付けてもらうとうれしさからずっと見ているこどもも。仕分けやスタンプ、配達などを張り切って取り組んでいました。

ちゅうりっぷしろ

おたのしみかいではライオンになりきって元気いっぱい踊っていたしろ組。練習ではいつも楽しんで取り組み、踊りだけではなく決めポーズの表情にもこだわりを持ち、友だちと顔を見合わせてかっこいい表情や可愛い笑顔などの練習もしていました。練習の成果を発揮することができ、一人ひとりが自信を持って表現する姿を見て、子どもたちの成長を感じうれしい気持ちでいっぱいです。自由遊びではライブごっこが流行り、女の子たちでアイドルグループを作りました。グループ名や何の歌を歌うかなど子ども同士で相談し張り切って準備をしていた子どもたち。みんなでチラシを作って宣伝をしライブ当日は沢山の友だちが見に来てくれて大人気でした。ライブを見た男の子たちから「今度は僕たちもやりたい!」と提案があったので、次回は男の子たちのライブも開催したいと思います。

PAGE TOP