お便り
  1. ホーム
  2. お便り

お便り -栄光-

たかが運動 されど運動

園長 小林 稔

 園では、不安定な天気の合間をぬって実施しているプール遊びのとき、ふだんの子どもたちの声とは違った歓声が聞こえてきます。楽しそうに、また気持ちよさそうに、プールではしゃいでいる子どもたちが見られることを、とてもうれしく思っています。

 また、子どもたちが日頃から天気のよい日に元気に外遊びを楽しんでいる姿が見られていることもうれしく思っています。

 そこで、運動遊びの意味について調べてみました。調べた本によると、幼児が仲間との活発な運動遊びをしたり、自分から進んで、工夫した運動遊びをしたりするなど、運動遊び体験の豊富な子どもほど、知的な発達が促され、情緒が安定し、社会性が高まることになるという調査報告があるそうです。また、家族で一緒に遊ぶ頻度が高い子どもの運動能力は高いという報告があるそうです。さらに、子どもの頃の遊びや体験の重要さを示唆する調査では、体験例として「海や川で魚や貝を捕ったり」「木登りや虫取りをしたり」など、自然体験が豊富な人ほど「もっと深く学んでみたい」とか「なんでも最後まで成し遂げたい」などの意欲や関心が高い傾向がみられたそうです。もう一つは、子どもの頃に「かくれんぼや缶蹴りや鬼ごっこのような、仲間とルールのある遊びをしたり」「けんかを注意したり、やめさせることがある」など、友達との遊びをたくさんしたことがある人ほど、「社会の規則を守ったり」「お年寄りに席を譲ったり」など、社会的な規範意識が高い傾向にあるという結果だったとのことです。この調査結果は、大人になってからの、物事に取り組む意欲、関心、規範意欲などが、子ども時代の遊びや体験と相関していることを示しています。

 改めて、運動遊びの効果の大きさを感じました。

 多くの基本的運動が習得できる遊び(ボール遊び、鬼ごっこ、水遊び、固定遊具の遊びなど)を日常生活の中で幅広く経験するようにするとともに、毎日外遊びで汗をかき、息を弾ませるくらいの運動ができるよう、子どもたちの自由遊びの時間を大切に、保育を進めていきたいと思います。

学年便り

年長だより

  ばら  

年長組になり、あっという間に4か月がたちました。ばら組にはマイペースの子どももいれば、しっかり者もいて個性豊かでバランスがとれています。友達同士の関わりが増えた分トラブルもありましたが、周りをよく見ている友達が間に入り、自分たちで解決できることも多くなりました。なわとび練習では「〇〇ちゃんすごいね!」と、友達の頑張りを認め、刺激を受けて自分も頑張ろうという姿が見られました。マイペースな子どもや、友達を笑わせることが大好きな子どもが多く毎日にぎやかなばら組です。2学期は、組体操やピアニカなどみんなの気持ちを一つにして頑張っていきたいと思います!

  ふじ  

新しいクラスや年長ならではの活動に少し戸惑う姿が見られた4月から早4か月。1学期の終わりを迎え、今ではクラスの仲も深まり、協力しながら生活する姿が見られるようになりました。初めから何でも先生に頼るのではなく、まず自分たちで挑戦してみたり、友達と話して解決できることも増えてきた子どもたち。年中少児にも積極的に声を掛ける年長児らしさも見られました。明日からの林間学校を楽しみにしていて「〇〇くんと△△ちゃんと一緒に寝るー!」「キャンプファイヤーわくわくしちゃう!」と、盛り上がっていました。幼稚園生活最後の夏休みが始まります。たくさんの経験をしてより成長した子どもたちと9月に会えることを楽しみにしています!

年中だより

  さくら  

さくら組での生活が始まり、あっという間に1学期を終えました。4月は慣れないクラスに緊張し、表情が硬い様子でしたが、今では一人一人が自分らしく過ごし、友達と好きな遊びに夢中になって遊ぶようになりました。慣れてきた一方で、友達と意見がぶつかり、トラブルになることもありましたが、少しずつ相手の気持ちに気付けるようになり、思いやりのある優しい言葉が増えてきた子どもたちです。また、苦手な給食を全部食べられるようになったり、うんていや鉄棒ができるようになったりと子どもたちの頑張りも沢山感じられました。いよいよ2学期ではなわとびやピアニカが始まります。新しいことに挑戦し、ますます頑張る姿が見られることを楽しみにしています!楽しい夏休みを過ごしてください。

  もも  

入園、進級してからあっという間に4か月がたちました。4月当初は新しいクラスに緊張し、少し不安そうな様子が見られたもも組の子どもたちでしたが、今では気の合う友達ができ、毎日笑顔で過ごしています。この1学期の間でクラスの仲がどんどん深まり、もも組の友達同士で遊ぶことが増えました。何をして遊ぶのか話し合い、意見が分かれると「おうちごっこしっぽ取り」など2つの遊びを合体させ、工夫しながら楽しく遊ぶ姿も見られるようになり、成長を感じています。また、活動にとても意欲的なもも組は、どんなことにも「やったー!」と喜んで取り組み、充実した毎日を送ることができました!2学期も子どもたちの成長を見られることを楽しみにしています!

  たんぽぽ  

4月からスタートした、たんぽぽ組の生活もあっという間に4か月がたちました。最初は不安や緊張が見られた子どもたちも今では友達との仲も深まり、毎日かわいい笑顔があふれています。おもしろいことが大好きな子どもたち。誰かがおもしろいことを言うと、みんなで笑い合いながら、にぎやかに楽しく過ごしてきました。時にはトラブルもありましたが、相手の気持ちに気付き、考え、友達と相談しながら遊びを広げてみんなで楽しむ姿が見られました!また、クラスの友達だけでなく年少組の友達にも優しく声を掛け、困っているときには手を貸してあげる姿が見られ、少しずつ成長が見られた1学期でした!

年少だより

  ちゅうりっぷ あか  

ドキドキの入園からあっという間に4か月がたちました。初めは、緊張していた子どもたちでしたが幼稚園生活の流れを覚えると進んで支度をするようになりました。またクラスの仲も深まり、みんなでしっぽとりやかくれんぼ、幼稚園ごっこなどをして思いきり楽しんでいた子どもたち!時には遊びの中でけんかになることもありましたが、相手の気持ちを聞いたり、自分の気持ちを素直に伝えながらおもちゃの貸し借りもできるようになりました。いろんなことに挑戦し、頑張り屋さんのあか組!自分で支度ができるようになったことや給食を残さず食べられたこと、一人ではさみが使えるようになったことなど、子どもたちの沢山の成長をとてもうれしく思います。

  ちゅうりっぷ しろ  

入園してから、あっという間に4か月がたちました。初めは不安げな様子で、おうちの人と離れると泣いてしまう子どももいましたが、今では友達や先生と一緒に園生活を楽しみ、元気いっぱい、笑顔で過ごせるようになりました!だんだんと友達への関心も深まり、「〇〇くん遊ぼう!」「一緒に〇〇しよう!」などと誘い合い、同じ遊びを一緒に楽しむこともできました。また、困っている友達がいると「どうしたの?」「大丈夫?」と、優しく声を掛けたり、手助けする姿も見られるようになり、子どもたち成長を感じることができました。2学期は行事が沢山あります。1つ1つをみんなで楽しみながら過ごしていきたいと思います。

  ちゅうりっぷ きいろ  

緊張の入園式からあっという間に月日がたち、今日で1学期が終わります。初めはおうちの人と離れる寂しさや、思うようにできない悔しさから泣いてしまうことが多かったきいろ組の子どもたちですが、この4か月で様々なことに挑戦し自信を付け、今ではすっかり幼稚園での生活を楽しく送ることができています。自由遊びでは「今日はしっぽとりやるけど一緒にどう?」と、担任のまねをして、友達を誘ったり「なんでもごっこならみんなが楽しめるよね?」と、遊びを工夫する姿も見られるようになってきました。一緒に過ごす中でクラスの仲も深まっています!明日からは夏休みです。また2学期元気いっぱいの子どもたちに会えるのを楽しみにしています。

ことりぐみだより

梅雨らしい天気が続き、なかなか戸外へ遊びに行くことができず、室内で過ごすことが多かった7月。そんな子どもたちに大流行していたのがプリキュアの絵本!(笑)「プリキュア大好きー!」と、陽気にうたいながら大事そうに本を抱えた男の子たちが集まり、プリキュアトークに花を咲かせています!

 

夏休み中の保育日程

≪ 7月 ≫

22日(月)・23日(火)・24日(水)・25日(木)・26日(金)・29日(月)

30日(火)・31日(水) ⇒8:30~17:30※お弁当持参

 

≪ 8月 ≫

1日(木)・2日(金)・5日(月)・6日(火)・7日(水)・8日(木)・9日(金)

19日(月)・20日(火)・21日(水)・22日(木)・23日(金)

            ⇒8:30~17:30※お弁当持参

 

≪ 夏期保育 ≫

27日(火)・28日(水)⇒11:30~17:30※お弁当持参

29日(木)・30日(金)⇒14:00~17:30

未就園児保護者の方へ お知らせ   お便り 保護者専用ページ 採用情報
さがみえいこうようちえん

相模栄光幼稚園

〒252-0232
神奈川県相模原市
中央区矢部3-11-13

アクセスマップ tel:0427528040 お問い合わせ
ピンクの鳥
PAGE TOP