お便り
  1. ホーム
  2. お便り

お便り -栄光-

「どうして?・・」「どうしたら?・・」

園長 小林 稔

 始まってわずか3週間ですが、遊びの様子を見ていると、アリやダンゴムシを捕まえて空き箱に入れ、手に乗せて感触を楽しんだり形や動きを観察したりする子、捕まえた青虫を育てるために、図鑑を手にどんな植物が必要か、それはどこにあるのかなどを探す子、縄跳びをする子、しっぽ取りをする子、すべり台を楽しむ子、フラフープで遊ぶ子、砂場でシャベルなど使って遊ぶ子など様々です。「青虫を育てるためにはどうしたらいいのかな?」など、どの遊びにも、次々に新しいことを「知りたい」という様子がうかがえます。

 脳医学の本によると、『これは、体を育てるために「おなかすいた!おなかペコペコ!」と食べ物を求めるのと同じで、脳を育てるために、「新しいこと」という栄養を求めているから』なのだそうです。そして、『「なんで?」と聞かれたときには、しっかり答えてあげるだけでなく、「なんでだと思う?」と投げかけて、一緒に考えることも、とてもいいことです。』とあり、大切なことだと思いました。

 木々の緑が鮮やかになるように、あと4日で平成から令和に変わり、10日間という長い休みを経て5月がスタートします。「脳は、新しいことを知るたびにどんどん発達する」ということを考えると、見たり、聞いたり、触ったり、味わったり、においで感じたり、五感をフルに使った刺激を与えられるような10日間であったらと思います。また、そんな5月にしていきたいと思います。

学年便り

年長だより

  ばら  

新しいクラスになり、ドキドキした様子で登園してきた進級式から1か月。あっという間にクラスに慣れ友達同士誘い合って遊ぶ姿が見られるようになりました。おうちごっこでは、日用品の買い出しや、赤ちゃんの離乳食作りなど、年長児ならではの細かい設定に驚かされました!しっぽとりでは、子どもたちの足の速さに追いつけず全員のしっぽをとる頃には汗だくで息が切れてしまう担任でした(笑)年中組から引き続き行っているなわとび練習では、年長になり、さらに気合いが入っている様子の子どもたち。何度引っかかっても諦めず、「もう一度数えて!」と挑戦する姿があり、お片付けの時間になると「明日もやるから!」と、チャンピオン目指して頑張っています!

  ふじ  

登園すると思わず年中のクラスに行きそうになっていた進級当初でしたが、今では一直線にふじ組に来て、先生や友達に元気に挨拶をしています。戸外遊びではしっぽとりや凍り鬼が人気な中、だるまさんが転んだをしている姿も見られました。初めは普通に遊んでいましたが、「だるまさんが…ラーメン食べた!」など、オリジナルな遊び方をしてさらに盛り上がっていた子どもたち。変顔しながらポーズを決める余裕まで・・・!「年少組のときはこうだったねー」という話ができるほど、心も体もお兄さん、お姉さんになりました。もじのれんしゅうが始まり、「お勉強だね!」と年長ならではの活動にも、うれしそうに取り組んでいました。

年中だより

  さくら  

さくら組での生活が始まり、早くも1か月がたちました。口数が少なく、表情が硬かった子どもも少しずつ自分らしさを出しながら楽しく過ごしています!ようやく暖かい陽気になり、幼稚園ではアリが沢山出てきました。廃材をおうちにして、アリ集めに夢中の子どもたち。相撲をしているアリや、何かを運んでいるアリを見て興味津々です。中には、触れず少し怖がりながらも幼稚園に来ると真っ先に「アリ探ししよう!」という子どもも!みんなで頭を並べてじーっと見つめる姿がとてもかわいいです。新入園児も少しずつ生活に慣れ、友達の名前を覚えたり、粘土遊びで一緒にお店やさんごっこをしたりと笑顔が増えてきました!子どもたちがこれからどんな成長をしていくのかとても楽しみです♪

  もも  

新しいクラスの友達や先生に緊張している様子だったもも組の子どもたち。日がたつにつれておしゃべり好きな子どもが多いことが判明(笑)今では担任に自分の好きなものについての話や家族のこと、休日の出来事など、沢山話をしてくれます。自由遊びでは年少時に同じクラスだった友達と遊ぶ姿や一人遊びをする姿がよく見られましたが、少しずつもも組の友達同士一緒に遊ぶようにもなってきました!戸外ではバナナ鬼やしっぽ取り、どろけいをして活発に体を動かして遊んだり、おうちごっこをしたりして楽しく過ごしていた子どもたち。気温が上がり、クラス帽子が汗でびっしょりになりながらも、暑さに負けず元気いっぱい戸外で遊ぶもも組の子どもたちです♪

  たんぽぽ  

初めは緊張している様子でしたが、だんだんと新しいクラスに慣れ、好きな遊びを見付けて楽しく過ごしていた子どもたち。戸外では体を動かしながら元気いっぱい遊んでいました。鬼ごっこや凍り鬼をしていると、どんどん参加する友達が増え、気が付くと大勢で顔を真っ赤にしながら園庭を走り回っています。クラスでは、担任が戻ってくると、「わー!」と、みんなに驚かされることがよくあります(笑)そして、驚いている担任を見て笑ったり、喜んでいる子どもたちがとてもかわいいです。また、毎日次の日の活動を伝えると「やったー!」と喜び毎回良い反応をしてくれる子どもたち!たんぽぽ組がスタートして1か月ですが、どの活動にも期待を持ち、楽しみながら取り組んでいます!

年少だより

  ちゅうりっぷ あか  

ドキドキの入園式からあっという間に1か月がたちました。少しずつ幼稚園生活の流れを覚え、進んで支度をする子どもたち。クラスの友達に笑顔で「おはよう」や「また明日ね」などの挨拶をし、関わりを深めようとする姿が見られました。また、アイアイの歌が大好きで、お猿さんになりきりながら楽しいんで歌っていました♪戸外遊びでは、なかよしタワーの滑り台を何度も滑ったり、砂場でレストランごっこをするなど、好きな遊びを見付けて元気いっぱい過ごしていました!

  ちゅうりっぷ しろ  

新しい友達や先生との出会いにドキドキだった子どもたち。初めは不安そうにしていましたが、少しずつ園生活に慣れ、表情も和らいできました。登園初日から、戸外で遊びたくて待ちきれない様子だったしろ組。戸外へ遊びに行けるようになると、様々な遊具に目を輝かせていました!滑り台を何度も滑ったり、砂場遊びをしたり、最近はフラフープを使って、友達と転がし合いや電車ごっこをするなど、好きな遊びを思い切り楽しんでいます!

  ちゅうりっぷ きいろ  

ドキドキだった入園式からあっという間に1か月がたちました。初めてのことばかりで、最初は泣いていたり、不安な表情をしていた子どもたちも、少しずつ園生活に慣れて、かわいい笑顔が増えてきました!また、全日保育が始まり、大好きなおうちの人が作ってくれたお弁当を食べる時間を楽しみにしています!幼稚園に着いてすぐにお弁当を広げようとしていたり、「今日はウインナーが入ってるんだ♪」とうれしそうに話す姿がとてもかわいいです。

ことりぐみだより

 入園・進級から早1か月。子どもたちは学年、クラス関係なく誘い合って仲良く遊ぶ姿が見られます。天気の良い日は園庭でしっぽとりや凍り鬼など体を動かす遊びを行い、室内では、おうちごっこやお医者さんごっこなどのごっこあそびも盛んに行われています。大人顔負けの専門用語や家庭の様子がかいま見えるようなセリフが出てくるなど、思わず笑ってしまうようなことばかりです(笑)

 初めてのことり組に来た友達にも率先して声を掛けてくれるので不安だった気持ちも吹き飛んでしまうほど優しくしてくれる頼れるお兄さんお姉さんたちです。

 

5月の日程(保育日数16日)

14:00~17:30

7日(火) 8日(水) 9日(木) 13日(月) 14日(火) 16日(木) 21日(火) 22日(水) 23日(木) 24日(金) 27日(月) 28日(火) 29日(水) 30日(木) 31日(金)

 

11:30~17:30

15日(水)

 

※年長ピクニック、年中少親子遠足が延期の場合

17日(金)・20日(月)→通常保育  ことり組あり

24日(金)・31日(金)→ピクニック、親子遠足実施  ことり組なし

未就園児保護者の方へ お知らせ   お便り 保護者専用ページ 採用情報
さがみえいこうようちえん

相模栄光幼稚園

〒252-0232
神奈川県相模原市
中央区矢部3-11-13

アクセスマップ tel:0427528040 お問い合わせ
ピンクの鳥
PAGE TOP